アルバイトの面接での志望動機

アルバイトを選ぶ基準は人それぞれですが、比較的家から近くて通いやすそうだから・時給が良いからといった理由でアルバイト先を決めることが多いようです。しかし、そうした理由の場合は、面接の際に志望動機を聞かれて正直に答えづらいということがあるかもしれません。確かに、家から近いと遅刻しにくい・交通費がかからないといったことはアピールポイントにはなりますが、それだけでは「ぜひこの子をうちの店で雇いたい」というまでに面接官の心を動かすのは難しいと思います。そこで、面接官の心に訴えるためには、その仕事に対する自分自身の憧れを志望動機に含めることが大切なポイントです。例えば、飲食店のアルバイトであれば、このお店のこの商品が大好きで何度も食べているといった情報を入れたり、アパレルのお店であれば、お洒落な雰囲気を褒めてぜひこのお店で自分も働きたいといった意気込みを伝えたりすることが必要となります。面接官も、自分の扱う仕事への情熱を理解してくれる人と働きたいと思うのが普通だからです。また、面接官の同情心に働きかけるというのも、一つの方法です。単に、時給がよくてたくさん稼げるからと答えるのではなく、たくさん稼がなければならない事情を話すこともできます。親元から一人で出てきて学費を自分で稼ぎたい・将来の夢実現のために貯金したいといった情報を話すと、親身になって応援してあげたいという気持ちになる面接官もいるようです。こうしたポイントを参考に、面接で採用されると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です